投資顧問は投資について悩んでいる人にアドバイスをくれますが、その全てがあなたにとって有益な情報ではないということを覚えておきましょう。

株主優待で人気なのは何?

株式優待は様々で買い物金額3~7%還元とか、商品券3000円分進呈とか、自店のグループの宿泊券をプレゼントとか、食事券、映画チケットなど様々な株主優待が有るはずです。
ただ株式の値上がりの差益を追求するのではなく株式優待を目当てに株式取引を行っている人が増えています。それだけ株式優待の中には魅力的な内容も多くあります。

株式投資は持株が上昇して利益をだすキャピタルゲインだけではありません。
NISAなどを活用して配当や優待の内容の良い銘柄を買うと、売買して儲けた時に税金がかかりません。通常の株式では約20%の税金が取られてしまいます。
NISAを登録して活用すれば確実に利益を積み上げてて行くことができるかも知れません。株は上がれば必ず下がるのは定説です。
上がりっぱなしの株はありません。上がるか下がるかをピッタリ毎回当てることは不可能です。
高配当の銘柄で優待の内容がよくなおかつNISAを利用して無税で取引で出来れば、ほとんど利子がつかない銀行の定期預金に貯金するより有効な手段になるこことは間違いないでしょう。

そして配当と人気の優待がダブルで狙える株は、日本株全体が軟調な時でも株価がしっかりしていることが多く先行きが不透明な時に株を買っておくのも着実性があって魅力的です。
そして株主優待もリスクなく取得できる方法があり、その方法をマスターすればリスクなく人気の株主優待銘柄を手に入れる方法があります。
株主の中にはこの方法で株の値上がりを期待して取引を行うのではなく完全に株主優待のみを得るために株式取引を行っている人も多くなっています。

もちろん株価が上がることが一番良いのですが、なかなか予想どおりに行かないのが株式です。
そのためご株主優待で人気のある銘柄で業績がよく配当も良い銘柄を探してNISAを利用すれば確実に利益を得られる株もあります。
しかし優待の条件で株を年間は保有しないと優待を取得できないような条件が付いている株もあるため、注意が必要です。

株主優待で生活はできるの?

株主優待の内容も意外と生活に密着した内容が人気があり商品券や人気の映画チケット、食事券、宿泊券などが人気になっており、マニアックな商品やサービスはあまり喜ばれないようです。
毎日の生活に関係する生活必需品が人気になっています。

そこで株主優待をほとんどただで取得する方法があります。株主優待をゲットするには権利確定日時点で株を保有していなければなりません。
確定日に株を所有していれば確実に優待を確保できます。権利確定日前は人気の株主優待がある銘柄ならば必ず値上がりします。
しかし権利が確定すればそれ以降は値下がりするのが一般的です。タイミングを間違えると損をしてしまうこともあります。
このような時に株式で株を売って値下がりすれば利益がでる空売りがあります。この空売りを行うのには証券会社の審査を受けて信用取引ができることが重要です。

この信用取引を利用して権利確定前に現物買いで買いを入れて信用取引で空売りを行い権利確定が過ぎた時点で反対に現物は売ってしまい空売りは買い戻すことで利益を相殺します。
損失もなく利益も出ませんが、何のリスクもなく優待を手に入れることができます。もちろん空売りをするのには証券会社より株を借りなければなりません。
借りるのには利子を取られますのでその分がリスクになりますが一日の取引の為大きなロスにはならないはずです。
優良な株主優待は1年間保有などの条件付きの銘柄もありますが、人気のある優待の情報を集めて自分が納得し、配当金がよく、NISAも利用できれば優待を含めた配当はかなりの利率になります。
また、他の銀行の定期預金や投資信託などの商品と比較しても確実性が高くリスクも少なく安定した利益が期待できるのではないでしょうか。

関連記事